【播磨S】(阪神)~距離短縮のファッショニスタが逃げ切る [News]
2019/03/02(土) 16:31
阪神10Rの播磨ステークス(4歳以上1600万下・ダート1400m)は2番人気ファッショニスタ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(稍重)。3馬身差の2着に1番人気シヴァージ、さらに半馬身差の3着に5番人気ストロベリームーンが入った。

ファッショニスタは栗東・安田隆行厩舎の5歳牝馬で、父ストリートセンス、母アクアリスト(母の父Coronado's Quest)。通算成績は14戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ファッショニスタ(川田将雅騎手)
「久しぶりに乗って、結果を出したかったですし、馬がそれに応えてくれて、良い内容で勝ってくれました」

2着 シヴァージ(福永祐一騎手)
「砂を被るレースにも対応してくれました。しかし、勝ち馬が逃げて、止まりませんでした。それでも良い脚を使ってくれました。気を抜くところはありますが、この形なら集中して走れます」

3着 ストロベリームーン(武豊騎手)
「1400mに上手く対応して、上手に走ってくれました。それでも距離は微妙に長いかなと思います」

5着 アディラート(藤井勘一郎騎手)
「しっかり走っています。道中の反応がグッと来るものがありませんでしたが、ゲートは出ていました。スタートは安定してきています」