【メイクデビュー】(阪神5R)~伏兵メランが逃げ切る [News]
2019/03/02(土) 14:14
阪神5Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は14番人気メラン(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒0(稍重)。3馬身差の2着に13番人気タイヨウノコマチ、さらに1馬身半差の3着に5番人気サンクビジューが入った。

メランは栗東・奥村豊厩舎の3歳牡馬で、父アルデバラン2、母ミネルバローズ(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 メラン(田中勝春騎手)
「返し馬でしっかりした感じを受けていました。うまくスタートを出てくれてそのまま主導権を取ることができました。思い通り走ってくれました。後ろから来ればまた伸びる感じでした。距離は長くなっても良さそうです」

2着 タイヨウノコマチ(太宰啓介騎手)
「スタートは良かったのですが、砂を被ると嫌がる所がありました。それでも外に出すと良い走りを見せてくれました。センスが良い馬です」

3着 サンクビジュー(北村友一騎手)
「仕上がり自体は良かったです。うわずって走るところがあるように、腰の非力さがあって、その辺りが改善されれば良くなっていくと思います」

5着 ミユキメガバックス(川須栄彦騎手)
「大型馬ですが返し馬で元気があり、前進気勢が強かったです。仕上がりも良さそうでしたし、競馬でも行きっぷりが良かったです。コーナーリングや口向きなどで課題がありますが、それだけ良化の余地があるということだと思います」