【チューリップ賞】栗東レポート~ブランノワール [News]
2019/02/27(水) 14:44
3月2日(土)に阪神競馬場で行われる第26回チューリップ賞(GII)に登録しているブランノワール(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)について、騎乗予定の藤井勘一郎騎手のコメントは以下の通り。

(前走後の様子について聞いていることはあるか?)
「前走については厩舎からは特にコメントはないですが、調教には計5回騎乗しました。追い切りも中間、そして今朝の最終追い切りには騎乗しました」

(追い切りに跨がった印象は?)
「(1週前は)アドマイヤリードと一緒に併せまして、須貝調教師からは、最後の手応えを確かめる意味でも最後は伸ばしてほしいということでした。しっかりと反応していました。
 レースの間隔が短いので、今日はそこまで強くせずに、感覚を確かめる程度で良いということでした」

(馬の第1印象は?)
「ロードカナロア産駒で、気性がとても落ち着いています。調教に乗っている時も乗りやすい馬だなと感じています。
 レースのリプレイを見ても、最後まで渋太く残っています。調教でも瞬発力があるので反応は良いと思います」

(JRAの騎手として騎乗する思いは?)
「まず、騎乗依頼をいただいたことは感謝しています。とてもワクワクした気持ちでいます。
 合格発表があった次の日に(依頼が)あったのですが、私が電車に乗って草津駅にちょうど着いた時に須貝調教師から(依頼を)いただきました。私自身も少しジタバタしたというか、どうしていいか分からなかったです。実際に調教に騎乗してきまして自信にもなりましたし、レース当日にはワクワクした気分で全力で乗りたいです」

(今回のレースに向けて)
「(須貝調教師からは)追い切りの後に、とりあえずリズムを大事に乗ってほしいという言葉を受けました。
 枠順が発表されていないので、まだ何とも言えないですが、臨機応変にレースを運べたらなと思っています。
 JRAの競馬場に乗ったのは札幌競馬場一回のみです。今回は重賞への騎乗の依頼をいただいて、自分の中でパトロールビデオであったり、(先週の)競馬の後に実際に外馬場を歩いてみたりとか、そういう準備はしました。
 今まで私が騎乗した、どこの国の競馬場よりも、特に外回りはコーナーがゆったりしていました。やはり3コーナーの手前から1200mということは本当にゆったりしているので、レースを見ていても力の出しやすい馬場だと思いました。
 やっとJRAの舞台に立てて、とても嬉しく思っています。初心を忘れずと言いますか、やはり騎手人生は長いですが、新たなスタートを切れたので、しっかりとやっていきたいです」

(取材:米田元気)