【3歳500万下】(中山6R)~良血ウィクトーリアが逃げ切って2勝目 [News]
2019/02/24(日) 13:49
中山6Rの3歳500万下(牝馬・芝1800m)は2番人気ウィクトーリア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒9(良)。2馬身差の2着に3番人気ペレ、さらにクビ差の3着には4番人気エトワールが入った。

ウィクトーリアは美浦・小島茂之厩舎の3歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母ブラックエンブレム(母の父ウォーエンブレム)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 ウィクトーリア(C.ルメール騎手)
「跳びが大きくて前につけました。ずっと同じペースを維持できました。2000メートルまでいけると思います。最後まで余裕があって楽勝でした」

2着 ペレ(大野拓弥騎手)
「ゲートを上手に出て、リズムが良かったです。初の右回りでしたが上手に走ってくれました」

4着 エアジーン(M.デムーロ騎手)
「久々でイレ込んでしまって(ハミを)噛んでいました。まだ競馬をわかっていない感じです」

5着 クィーンユニバンス(田辺裕信騎手)
「道中手応えが苦しくなりましたが、思ったより下がることはなかったです。こういう形が合っていると思いますが、もっと長い距離だと味が出るのかもしれません」