【壇之浦特別】(小倉)~伏兵バイオレントブローが好位追走から押し切り勝ち [News]
2019/02/09(土) 16:18
小倉11Rの壇之浦特別(4歳以上1000万下・芝2000m)は12番人気バイオレントブロー(中谷雄太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒1(稍重)。1馬身1/4差の2着に5番人気アンネリース、さらにハナ差の3着に1番人気エーティーサンダーが入った。

バイオレントブローは栗東・佐々木晶三厩舎の4歳牡馬で、父バゴ、母バイオレントハート(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 バイオレントブロー(中谷雄太騎手)
「ゲートの出が遅いので気をつけていました。スタートの直前ではバタバタとしていましたが、何とか出てくれました。後はレースの流れで良い位置を取れました。道中はポジションをキープして、直線では強かったです。直線に入って1頭になると、本気で走っている感じがしないところがあります。それでも、これから強い相手になっても同じように良い競馬が出来ると思います。伸びしろがあります」

2着 アンネリース(黛弘人騎手)
「課題のゲートを我慢できたのは良かったです。道中はスムーズに運べましたが、勝負所で少し左にもたれたのは気になりました。それでも最後はしっかりと伸びています」

5着 マルーンエンブレム(藤田菜七子騎手)
「前回は少し出して行ったので進んで行くと思いましたが、ハミが抜けてフワッと走っていました。3コーナーぐらいからハミを取ってくれるかと思ったのですが......。あの位置からの競馬で、後ろから来て踏ん張ってくれています」