【こぶし賞】(京都)~ロードグラディオが好位から押し切り勝利 [News]
2019/02/09(土) 15:33
京都9Rのこぶし賞(3歳500万下・芝1600m)は5番人気ロードグラディオ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。アタマ差の2着に1番人気マイネルウィルトス、さらにアタマ差の3着に4番人気セグレドスペリオルが入った。

ロードグラディオは栗東・西浦勝一厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母シンメイフジ(母の父フジキセキ)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードグラディオ(藤岡佑介騎手)
「切れる感じではありませんが、競馬が上手な馬です。新馬の時より馬がしっかりしていました。差のないレースでしたが、抜かれる感じはありませんでした。両サイドから来られたら、来られた分だけ伸びてくれました。ペースがスローでも我慢してくれるセンスのある馬です」

2着 マイネルウィルトス(川田将雅騎手)
「現状の自分の走りはしてくれています。これで4連続2着ですし、惜しい競馬が続いています」

3着 セグレドスペリオル(池添謙一騎手)
「道中ハミは噛んでいましたが、馬の後ろで我慢はしていました。あと一歩でしたけどね。一度使って良くはなっていました。まだまだ成長途上のこれからの馬です」

4着 レースガーデン(浜中俊騎手)
「前目で流れに乗ってほしいというオーダーでした。少頭数ですし、頑張ってくれています」

5着 アーデントリー(松山弘平騎手)
「スタートしてすぐ隣の馬を噛もうとして置かれました。でも終いはしっかり伸びてくれました」

8着 カヌメラビーチ(M.デムーロ騎手)
「敗因がよく分かりません」