【エルフィンS】(京都10R)~アクアミラビリスが最後方からまとめて差し切る [News]
2019/02/02(土) 16:06
京都10Rのエルフィンステークス(3歳オープン・リステッド・牝馬・芝1600m)は1番人気アクアミラビリス(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気ブランノワール、さらに半馬身差の3着に2番人気ノーブルスコアが入った。

アクアミラビリスは栗東・吉村圭司厩舎の3歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母アクアリング(母の父Anabaa)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アクアミラビリス(M.デムーロ騎手)
「前回はテンションが高くなり、ずっとハミを噛んで力がなくなってしまいましたが、今日は落ち着いていて、脚をためてためて、すごくいい脚を使いました。新馬戦の時と同じです。競馬に慣れればもっと走ると思います」

(吉村圭司調教師)
「今後は様子を見てオーナーサイドと相談してからになりますが、一息入れて桜花賞直行になると思います」

2着 ブランノワール(福永祐一騎手)
「前回に続いて好スタートを切り、上手に立ち回って最後まで脚を使いましたが、勝った馬は別格でした」

3着 ノーブルスコア(川田将雅騎手)
「1600mでも良い位置でスムーズに競馬をしてくれました。ただ、どうしてもまだ動ききれない所があり、こればかりは成長を待つしかありません」

7着 グレイスアン(和田竜二騎手)
「楽なペースかと思いましたが、全然脚を使えず、粘りこめず、終わってしまいました」

8着 レッドベレーザ(浜中俊騎手)
「もう少し置かれるかと思いましたが、中団からの競馬となり、直線は伸び負けました。もう少し短い距離の方がいいとおもいます。まだ体が小さいので、もう少し大きくなってからだと思います」