【東京新聞杯】栗東レポート~インディチャンプ [News]
2019/01/30(水) 15:34
2月3日(日)に東京競馬場で行われる第69回東京新聞杯(GIII)に登録しているインディチャンプ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)について、追い切り後の生野賢一調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の元町S1着を振り返って)
「スタートが決まりましたし、出たなりで楽に追走して、最後もしっかりと脚を使って伸びてくれました。良い競馬だったなと思います」

(前走後の調整について)
「少し厩舎で様子を見まして、放牧に出ました。このレースに向けてまた入厩して調整しました」

(調教過程を振り返って)
「1週前は、その前の週に単走で結構時計が出ましたので、相手の行くなりで調整をしました。
 今日は、先週が少し軽かった分、しっかりと時計を出して、最後もしっかりやるようにと指示を受けました。
 時計もしっかり出ていましたし、それにも関わらず、仕掛けてからの反応も良かったです。併せていた馬を置いて、スッと抜け出していたので、良かったかなと思います」

(成長などを感じる部分は?)
「一戦ごとに馬が着実に力を付けていると思いますし、精神面でもだいぶ落ち着きが出たというか、いらない所で変な力を使わなくなったかなと思います」

(この馬の持ち味は?)
「乗り難しいところはないと思いますし、競馬に行ってしっかりと真面目に走ってくれるところがこの馬の強みかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「初めて(のコース)ですが、左回りに関しては中京で走っています。輸送もそんなにテンションを上げる馬ではないのでこらえてくれるかなと思っています。
 ここ最近はずっと1600mで走っていますが、今のところはこの距離がベストで好走しているのかなと思います。
 何戦も乗ってもらっているのでジョッキーに任せて良いかなと思います。
 良い状態で出走させることができそうですので、応援のほどよろしくお願いします」

(取材:米田元気)