【シルクロードS】(京都)~ダノンスマッシュが重賞連勝 [News]
2019/01/27(日) 17:17
京都11Rの第24回シルクロードステークス(GIII、4歳以上、ハンデ、芝1200m)は1番人気ダノンスマッシュ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。1馬身1/4差2着に11番人気エスティタート、さらにクビ差で3着に12番人気ティーハーフが入った。

ダノンスマッシュは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット(母の父Hard Spun)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「前走とは違い、今回は負けられないという気持ちでした。これで本番にいい形で向かえますから、勝ててホッとしています。今日はスタートが良く、馬も落ち着いていました。ラブカンプーを見ながらのレースでしたが、(ラブカンプーの)手応えが怪しくなり、外に切り替えたのが良かったです。その切り替える時に、馬が落ち着いて反応が良かったことが収穫です。大舞台を目標に無事にここまで来ることが出来ました。次も期待を持って、人馬ともに頑張りたいです」

2着 エスティタート(浜中騎手)
「前の馬が飛ばして展開が向くかと思ったのですが、今日は勝ち馬をほめるしかありません。でも、これだけ実績のあるメンバーの中での2着ですから、本当に頑張っています」

3着 ティーハーフ(国分恭介騎手)
「馬は状態が良いと聞いていて、具合さえ良ければこれくらいは走ると思っていました。9歳ですが、体も柔らかく、賢い馬です」

4着 アンヴァル(松山騎手)
「中団のいい位置で脚をためて、いい形だったのですが、後続の馬に早めに来られて、思っていたより早いタイミングで動いて苦しい展開になりました。その中で盛り返しているのですから頑張っています」

5着 アレスバローズ(川田騎手)
「負担重量、枠順も厳しかったのですが、近走を考えればよく頑張っています。このレースが次につながればと思います」

7着 ペイシャフェリシタ(三浦騎手)
「ゲートは出ましたが、他の馬に寄られて位置取りが悪くなってしまいました。ラストは前が空くと伸びていただけにもったいなかったですね。状態も良かったですから」

8着 ビップライブリー(高倉騎手)
「ゲートで両サイドから寄られて、コーナーに入るまで馬がエキサイトしてしまいました。直線、ハミも外れて、最後に向かって気持ちが向かない不完全燃焼のレースになってしまいました。残念です」

9着 リョーノテソーロ(坂井瑠星騎手)
「ゲートは出て、道中もリズム良く運べました。最後のコーナーでは突き抜けそうな脚は残っていましたが、進路を見出すことが出来ませんでした」

11着 ナインテイルズ(福永騎手)
「勝ち馬の後ろで脚をためてレースを運びましたが、反応がありませんでした。勝ち馬について行けませんでした」

15着 セイウンコウセイ(池添騎手)
「ブリンカーが利きすぎて、ハミをがっつり噛んでオーバーペースになってしまいました」

18着 ラブカンプー(M.デムーロ騎手)
「スタートは良く、いいポジションは取れましたが、コンディションがあまり良くなかったです。イレ込んでいて耳を絞って走っていました」