【白梅賞】(京都)~エメラルファイトが差し切る [News]
2019/01/12(土) 15:55
京都9Rの白梅賞(3歳500万下・芝1600m)は3番人気エメラルファイト(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。クビ差の2着に2番人気マイネルウィルトス、さらにアタマ差の3着に4番人気ミッキースピリットが入った。

エメラルファイトは美浦・相沢郁厩舎の3歳牡馬で、父クロフネ、母セトウチソーラー(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 エメラルファイト(藤岡康太騎手)
「調教師からは、スタートに気をつけてと言われました。ゲートを五分に出てくれて、インでじっと脚をためて、スペースができると本当にいい脚でした。いい勝ち方だったと思います」

2着 マイネルウィルトス(丹内祐次騎手)
「道中の走りもリラックスして、すごく良かったですし、勝ったと思ったのですが。走りますし、距離は延びても全然大丈夫そうです」

3着 ミッキースピリット(北村友一騎手)
「ゲートはいつも通り速かったです。今日は1ハロンの距離延長。少し硬さが出て、ストライドがピッチになっていたので、延長がプラスかと言われると半信半疑ではあります。それでも終いは反応してくれましたし、力のあるところを見せてくれました」

4着 セグレドスペリオル(池添謙一騎手)
「いいところで競馬はできましたが、ジリジリした伸び脚になってしまいました。休み明けの分もあったと思います」