【シンザン記念】(京都11R)~最内から抜け出したヴァルディゼールが重賞初V [News]
2019/01/06(日) 17:08
京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は4番人気ヴァルディゼール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒7(良)。クビ差の2着に10番人気マイネルフラップ、さらに1馬身半差の3着に2番人気ミッキーブリランテが入った。

ヴァルディゼールは栗東・渡辺薫彦厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母ファーゴ(母の父ハーツクライ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「嬉しいです。ゲート自体は安定している馬ではないので、ゲートを出て好位で競馬をしたいと思っていました。まだ幼いので、抜けてからフワフワする面を見せていましたが、それも能力のある証拠だと思います。その辺は成長に期待したいです。(厩舎に)重賞勝利を年明けからプレゼントできて嬉しいです」

2着 マイネルフラップ(吉田隼人騎手)
「進んでいかなかったので、腹をくくって決め手勝負に徹しました。4コーナーで他にぶつけられて逃げるような所がありましたが、よく盛り返してくれました」

3着 ミッキーブリランテ(坂井瑠星騎手)
「レース前はテンションが上がるところがありました。返し馬に行ったらいつもと同じ雰囲気になりました。ゲートは出てくれなくて、思っていたよりもポジションは一列後ろになりました。それでも何とか我慢してくれました。直線では良い脚を使って、一瞬勝ったかなと思いました。しかし、最後で脚が上がってしまいました。ここでもやれる所を見せましたし、これからも楽しみな馬です」

4着 パッシングスルー(池添謙一騎手)
「ポジションもよく、折り合いもついていい手応えで運べました。ただ、追い出してモタついて伸びあぐねました。それでも交わされてからまた伸び返すようなところを見せていたので、これがいい経験になると思います」

5着 ハッピーアワー(秋山真一郎騎手)
「前走のように折り合い重視のレースならもう少し伸びていたとは思います。今日は前の各馬を射程圏に入れてのレースだったので、前回ほどの脚を使えませんでしたが、いつもよりゲートを出てくれたのは収穫です」

6着 ミヤケ(松山弘平騎手)
「前に行こうと思ってレースに臨みましたが、1600mで思ったより行けず後方になってしまいました。道中はいい感じに進めて、最後はいい脚を使って差をつめてくれました」

8着 アントリューズ(川田将雅騎手)
「すごくいい馬です。ただ、その分跳びが軽い所があります。今日の京都は重たく感じる馬場なので、終始バランスを崩す走りをしていました。その分、脚をためきれませんでした。前が開いてからも苦しい走りになりました。良い馬であることは間違いないので、あとはそういうところに対応できるように走ってくれればいいと思います」

9着 ドナウデルタ(福永祐一騎手)
「ポジションを取れたのは良かったです。しかし、スペースがなくて、かわいそうなことをしました。申し訳なかったです」

11着 シャドウエンペラー(和田竜二騎手)
「3番手から進めましたが、手応えの割に伸びませんでした」

12着 ニホンピロヘンソン(浜中俊騎手)
「イレ込んでいたのが痛かったです」