【万葉S】(京都10R)~逃げたヴォージュがゴール前の大接戦を制す [News]
2019/01/06(日) 17:05
京都10Rの万葉ステークス(4歳以上オープン・芝3000m)は5番人気ヴォージュ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分10秒3(良)。ハナ差の2着に1番人気ユーキャンスマイル、さらにクビ差の3着に3番人気グローブシアターが入った。

ヴォージュは栗東・西村真幸厩舎の6歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母ギュイエンヌ(母の父タニノギムレット)。通算成績は24戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴォージュ(和田竜二騎手)
「行ければ行こうと思っていました。グローブシアターが来たので自分の形に持ち込もうと思いハナに立ちました。1コーナーでフワフワしたのでそこで息を抜けましたし、向正面でもペースを落とせました。3コーナーから他馬に来られましたが、よく踏ん張ってくれました」

2着 ユーキャンスマイル(武豊騎手)
「道中リズムよくいい感じで運べました。直線でモタついて内にモタれるような所がありました。惜しいレースでした」

3着 グローブシアター(浜中俊騎手)
「長距離に適性があることがわかりました。メドの立つ走りができたと思います」