【メイクデビュー】(中山3R)~アンダープロミスが勝利 [News]
2019/01/06(日) 15:17
中山3Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気アンダープロミス(F.ミナリク騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒4(良)。クビ差の2着に3番人気タマノカイザー、さらに7馬身差の3着に4番人気メジャーセブンスが入った。

アンダープロミスは美浦・萩原清厩舎の3歳牡馬で、父ロジユニヴァース、母カーヴィシャス(母の父シンボリクリスエス)。

~レース後のコメント~
1着 アンダープロミス(F.ミナリク騎手)
「調教師からレース前に馬の性格などを聞いて臨みました。まだまだビッグベイビーという感じですが、今日の経験が次につながると思いますし、まだまだ成長するでしょう。能力がありますし、ダートやこの距離も問題ありません」

2着 タマノカイザー(北村宏司騎手)
「ウッドチップでの調教ではモタモタする所がありましたが、レースでは気持ちは冷静でしたし、しっかり走ってくれました。何とかなるかと思いましたが、勝った馬が強すぎましたね。この先が楽しみです」

3着 メジャーセブンス(田辺裕信騎手)
「馬に癖も無く、いい位置で競馬ができました。ただ、ところどころ馬の蹄跡を見て跳んだり、4コーナーでゲートが引き込まれた跡を気にしたりと、まだ若さがあります。そこで前と離されてしまったことが響きました。今後慣れてきてくれればいいですね」