【門松S】(京都)~ヤマニンアンプリメが鮮やかに差し切る [News]
2019/01/05(土) 16:56
京都10Rの門松ステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は1番人気ヤマニンアンプリメ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒2(良)。3/4馬身差の2着に3番人気スズカコーズライン、さらにクビ差の3着に2番人気ゼンノサーベイヤーが入った。

ヤマニンアンプリメは栗東・中村均厩舎の5歳牝馬で、父シニスターミニスター、母ヤマニンエリプス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ヤマニンアンプリメ(岩田騎手)
「キレがすごかったです。窮屈になるところもありましたが、手前を替えたら一気に行ってくれました」

2着 スズカコーズライン(酒井学騎手)
「相手が速いと思いましたので、プレッシャーをかけるレースをしました。内枠の方がもっと良かったと思います。プラス体重でしたが、しっかり走っています。力をつけています」

3着 ゼンノサーベイヤー(坂井瑠星騎手)
「内枠で、ペースが速いと思いましたが、自分のレースをしました。最後は止まってしまいましたが、展開さえ良ければもっと走れると思います」