【東京大賞典】(大井)~3歳オメガパフュームが追い比べを制す [News]
2018/12/29(土) 18:03
大井競馬場(晴、良)で行われたダートグレード競走、第64回東京大賞典(GI)は、3番人気だった3歳馬オメガパフューム(JRA)が追い比べを制して優勝。初めてのGI制覇を果たした。

スーパーステションの逃げをアポロケンタッキーが突付く形で、道中は淀みない流れに。人気を分けた3頭のうちケイティブレイブは中団前に位置し、ゴールドドリームは中団馬群の中、オメガパフュームは後方から位置を上げていった。

4コーナーから直線にかけて、先に動いたケイティブレイブをゴールドドリームとオメガパフュームが追う形に。直線は人気3頭の追い比べとなったが、外からオメガパフュームがよく伸びて追い比べを制した。勝ちタイム2分5秒9、勝利騎手はミルコ・デムーロ。前日のホープフルステークス(JRA中山)に続く2日連続のGI勝利となった。

2着に1番人気ゴールドドリーム、3着に2番人気ケイティブレイブ。船橋への移籍初戦だった4番人気サウンドトゥルーが地方所属馬最先着の4着だった。

オメガパフュームは父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス(母の父ゴールドアリュール)の牡3歳芦毛馬。JRA栗東・安田翔伍厩舎の管理馬。通算成績9戦5勝(うち地方2戦1勝)、重賞はシリウスSに続く2勝目で、GIは初制覇となった。

レース後の関係者のコメント

1着 オメガパフューム(ミルコ・デムーロ騎手)
「最高です。久しぶりに乗りましたが、ずっと凄くいい馬だと思っていました。道中の手応えもよかったです。以前より馬が大人になっていて、ちょっとズブい面はありましたが、ケイティブレイブとゴールドドリームを見ながら、ちょうどいいポジションで運べました。前半脚がたまって、その分最後までよく伸びましたね。初めて乗った時からGIを取れる馬だと思っていましたし、今後が楽しみです」

(安田翔伍調教師)
「オメガパフュームがGI馬になれたことが、まず何より嬉しいです。今までやってきたことが発揮できれば、勝負になると信じていました。競馬に行っての集中力が高まっていて、成長したのかなと感じましたし、レースはジョッキーに任せるだけでした。今後に関してはオーナーと相談して決めようと思います。(この1年を振り返って)開業初年度にこれだけの舞台に来られて、感謝しています。全ての皆様の助けがあってやって来ることができました。いつもテレビで見ていて熱気を感じていた東京大賞典に出るだけでも光栄でしたし、そこで勝つことができて本当に皆様に感謝したいです」

2着 ゴールドドリーム(クリストフ・ルメール騎手)
「ケイティブレイブの後ろで、スムーズなレースができました。オメガパフュームが来た時に少しスペースが狭くなりましたが、開いたスペースからよく頑張ってくれました。ただ、ラストの50mでちょっと疲れてしまいましたね。チャンピオンズカップを使えず休み明けで、レースも結構いいペースだった分かも知れません」

3着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)
「コンディションは良かったですし、落ち着いていました。4コーナーまで自分の形で運べて、後ろを待つか待たないかという所でしたが、待たずに早めに動いて行きました。ラストまで止まっていませんでしたが...。力は出し切ってくれました。一生懸命走ってくれましたが、前に強い馬が2頭いましたね」

9着 モジアナフレイバー(繁田健一騎手)
「スタートも良かったですし、ちょうどいい位置につけられました。現状での力は出してくれました。まだ3歳ですから、強い相手にぶつかって、成長していければと思います」

(取材:大関隼)