2018年JRAリーディングジョッキー、トレーナーが決定 [News]
2018/12/28(金) 18:15
本年の中央競馬は、本日12月28日をもって全日程を終了した。
JRAリーディングジョッキーは、年間215勝(うち重賞20勝)を挙げたC・ルメール騎手(栗東・フリー)となり、2年連続のリーディングジョッキーとなった。
また、JRA賞の騎手3部門(勝利数、勝率、獲得賞金)は下記のとおり受賞者が決定した。
《JRA最多勝利騎手》C・ルメール騎手
《JRA最高勝率騎手》C・ルメール騎手
《JRA最多賞金獲得騎手》C・ルメール騎手
なお、C・ルメール騎手は、騎手3部門の受賞により、岡部幸雄元騎手(1987年・1991年)、武豊騎手(1997年~2000年・2002年~2006年)に続く、史上3人目の「騎手大賞」受賞者となった。

C・ルメール騎手のコメント
「今年は怪我もなく素晴らしい1年でした。200勝が一番の目標でしたが、それを超えた後は武さんの記録を超えることを目指しました。先週、先々週は緊張しました。調教師やオーナーのおかげで新記録を達成することができましたが、まだ武さんがお手本です。4000勝は大記録です。日本のファンは世界一です。毎週競馬場に来て応援してくれ、ジョッキーにとってパワーとなっています。また応援してください。本当にありがとうございました」

JRAリーディングトレーナーは、年間58勝(うち重賞5勝)を挙げた藤原英昭調教師(栗東)となった。藤原英昭調教師は2001年の開業以来、初のリーディング獲得となる。

藤原英昭調教師のコメント
「リーディングトレーナーとなることができ、大変うれしく思います。まずはスタッフの努力に感謝します。また、オーナーをはじめ、さまざまな関係者に支えていただいた結果ですので、すべてにおいて感謝しかありません。来年もオーナー、ファンによろこんでいただけるよう精一杯頑張ってまいります」

なお、JRA賞調教師部門及びその他の騎手部門(「MVJ」含む)は、地方・海外の指定レースでの成績を含むため、2019年1月4日(金)に発表する予定。

(JRAの発表による)