【立志S】(中山)~アンデスクイーンが外からまとめて差し切る [News]
2018/12/28(金) 16:08
中山10Rの立志ステークス(3歳以上1600万下・ダート1800m)は4番人気アンデスクイーン(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(良)。1馬身1/4差の2着に7番人気エオリア、さらに3/4馬身差の3着に3番人気デザートスネークが入った。

アンデスクイーンは栗東・西園正都厩舎の4歳牝馬で、父タートルボウル、母レイナカスターニャ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 アンデスクイーン(C・ルメール騎手)
「今回それほど忙しくなく、ずっと反応してくれました。前回はスペースがありませんでしたが、今日は大外からよく伸びてくれました」

2着 エオリア(津村明秀騎手)
「よく頑張ってくれました。競馬が上手です。狭い所でも伸びる根性があります。昇級戦でしたが、このクラスでも通用しそうですし、楽しみです」

4着 マイネルビクトリー(柴田大知騎手)
「休み明け3戦目で調子が上がってきたようです。本来はもっと距離があった方がいいタイプですが、この感じなら中山1800mでも楽しみです」