【南総S】(中山)~アルマエルナトが混戦を制す [News]
2018/12/16(日) 16:55
中山10Rの南総ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝1200m)は6番人気アルマエルナト(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。クビ差の2着に3番人気アッラサルーテ、さらにクビ差の3着には7番人気ミトノレインボーが入った。

アルマエルナトは美浦・伊藤大士厩舎の7歳セン馬で、父ネオユニヴァース、母キャメロンガール(母の父With Approval)。通算成績は41戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 アルマエルナト(柴田大知騎手)
「体が回復してきたことも良かったです。スタートをよく出て流れに乗れました。(これまで)勝てそうで勝てなかったので、嬉しいです」

2着 アッラサルーテ(B.アヴドゥラ騎手)
「道中理想的な位置で運べましたが、この馬より2~3頭分内にいたことが最後の着差になったかと思います。枠の差だけにとても悔しいです」

4着 ニシオボヌール(長岡禎仁騎手)
「前走もこの馬に乗って個性がわかっていたので、今日は気を抜かせずに集中して走らせるよう気をつけました。その通りにうまく行き、内々をロスなく走れて、最後もうまく捌けました」

7着 タイセイスターリー(O.マーフィー騎手)
「今日は終始かかり通しでした。能力は高いのですが、気難しい馬です」