【香取特別】(中山)~サノサマーが4馬身差V [News]
2018/12/16(日) 16:52
中山9Rの香取特別(3歳以上1000万下・ダート2400m)は1番人気サノサマー(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分34秒5(良)。4馬身差の2着に3番人気ミッキーポジション、さらに2馬身差の3着には14番人気イルフォーコンが入った。

サノサマーは美浦・中舘英二厩舎の4歳牡馬で、父サマーバード、母パピュラ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は22戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 サノサマー(内田博幸騎手)
「勝つには勝ちましたが、難しい馬です。中山コースなので早めに動いていきましたが、馬がレースをやめようとしていました。中山コースなので何とかうまくいきました。力のある馬ですが」

2着 ミッキーポジション(横山典弘騎手)
「指示通りのレースができました。久々のレースでしたが、馬は良い状態でした」

3着 イルフォーコン(松岡正海騎手)
「テンのペースが速く、展開にも恵まれましたが、よく走ってくれました。馬の状態が良く、うまく(脚を)溜めるレースができました」

8着 エルデュクラージュ(O.マーフィー騎手)
「道中は揉まれることもなく、直線で前にスペースがあったのですが、うまく反応しませんでした。距離がこの馬には少し長かったのかもしれませんし、中山コースが合わなかったのかもしれません」