【2歳500万下】(阪神7R)~ナンヨーイザヨイが抜け出す [News]
2018/12/16(日) 14:41
阪神7Rの2歳500万下(ダート1800m)は2番人気ナンヨーイザヨイ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒6(良)。1馬身1/4差の2着に9番人気タニノマイカ、さらに1/2馬身差の3着には1番人気キンゲンが入った。

ナンヨーイザヨイは栗東・松永幹夫厩舎の2歳牡馬で、父エイシンフラッシュ、母シャルルヴォア(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 ナンヨーイザヨイ(C.ルメール騎手)
「(ダートで)1800mも4つのコーナーのレースも初めてでしたが、自信はありました。ペースが遅くて向正面では少し心配しましたが、長く良い脚を使ってくれました。距離は1800mぐらいのほうがいいかもしれません」

2着 タニノマイカ(鮫島良太騎手)
「前走と同じようなレースで、直線に向いたときには勝ったかと思えるくらいでした。思ったより前にいた馬が下がってくれた分、目標にされたところがあったと思います。牝馬でこれだけやれたら大したものでしょう。もう1勝挙げて、来年の関東オークスを狙いたいです」

3着 キンゲン(W.ビュイック騎手)
「脚を余して負けてしまいました。目標にされてしまいました。馬群に包まれて、動くに動けませんでした。直線も前が塞がって、進路を探しながらのレースになってしまいました」

11着 ヘリオス(C.デムーロ騎手)
「気性が難しいところがあって、今日は集中してレースをすることができませんでした」