【師走S】(中山)~テーオーエナジーが2番手から堂々押し切る [News]
2018/12/08(土) 16:21
中山11Rの師走ステークス(3歳以上オープン・ダート1800m)は3番人気テーオーエナジー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒9(良)。2馬身半差の2着に2番人気チュウワウィザード、さらにハナ差の3着に4番人気クインズサターンが入った。

テーオーエナジーは栗東・宮徹厩舎の3歳牡馬で、父カネヒキリ、母シルキークラフト(母の父Crafty Prospector)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 テーオーエナジー(岩田康誠騎手)
「前走のJBCクラシックは早めに交わされた分と1900mもあり7着に負けましたが、今日はスタートを決めて、自分の形でリズム良く走れました。段々力をつけて強くなっています」

2着 チュウワウィザード(田辺裕信騎手)
「今の中山は時計が速いので、その対応がどうかと思いましたが、よく走っています。まだ奥がありそうです」

3着 クインズサターン(戸崎圭太騎手)
「やはり東京向きなのでしょうか。コーナーで少しもたついた分もありますが、それでもしっかりと伸びていました」

5着 アングライフェン(三浦皇成騎手)
「よく上がりの競馬に対応してくれました。最後は良い脚でした。状態も良くなっていました。もう少しペースが流れればもっと良い競馬が出来たと思います」