【阪神JF】美浦レポート~ウインゼノビア [News]
2018/12/05(水) 16:26
9日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズに出走を予定しているウインゼノビア(牝2歳、美浦・青木孝文厩舎)について青孝文調教師のコメントは以下の通り。

「前走は4着ながらも目一杯走ってズルズル下がったわけではないので、悲観する内容ではなかったと思っています。ここまで4戦して、最初にいい馬だと思ったとおり競馬で結果が出てきています。まずは無事にきているのが何よりです。

この中間はレースの疲れを取り、気持ちもリラックス出来るようにゆったりした調整をして、その後に徐々にペースを上げてきました。今朝は今回コンビを組む松若騎手が来て追い切りに乗りました。ウッドコースでの併せ馬で、前の馬についていってしっかり併せ、気持ちを乗せていくというものでしたが、予定通りやってくれました。いい動きで調整としては万全です。ここまではうまくいっていると思います。

阪神の1600メートルのコースに関しては心配していません。騎手も乗り慣れているわけで、しっかりと自分の力を出し切ればいいと思います。阪神へは金曜日に出発し、土曜日は騎手に乗ってもらってスクーリングするつもりです。美浦から函館に輸送しても大きな体の変動はなく、函館から札幌に行っても環境の変化に動じなかったので阪神までの輸送については心配していません。

素直な性格で、スタートも良く自分で競馬を作れることがこの馬の良さだと思っています。自分の力をしっかり出してくれればいい結果がついてくると信じています。青木厩舎初のGI出走です。温かい目で見守っていただきたいと思います。」

(取材:小林雅巳)