【ラピスラズリS】(中山)~連闘ダイメイフジが差し切りV [News]
2018/12/02(日) 16:35
中山11Rのラピスラズリステークス(3歳以上オープン、芝1200m)は4番人気ダイメイフジ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒1(良)。クビ差2着に1番人気モズスーパーフレア、さらに1馬身1/4差で3着に6番人気リョーノテソーロが入った。

ダイメイフジは栗東・森田直行厩舎の4歳牡馬で、父アグネスデジタル、母ダイメイダーク(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は21戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ダイメイフジ(北村宏司騎手)
「スタートをうまく出てくれて運びやすかったです。連闘でしたが、コンディションは良かったですし、集中して走ってくれました」

(森田直行調教師)
「連闘でしたが、前走は途中で競馬を止めてしまって走っていませんでした。引っ張ると嫌気が差してすぐに止めてしまう馬なので、今日はそこだけ注意して乗ってもらいました。寒い時期は走る馬です。次走は馬の状態を見ながら決めたいと思います」

2着 モズスーパーフレア(北村友一騎手)
「二の脚が速い分、もう少し引き離して逃げても良かったかもしれません。直線でもしっかり反応しましたが、最後にキレ負けしました。前走より落ち着いていましたし、中山コースも合います」

3着 リョーノテソーロ(木幡巧也騎手)
「外に出したら集中力が抜けるかと思い、内で前が空くのを待っていました。終いはしっかり伸びていました。やはり力がある馬です」

4着 シュウジ(ビュイック騎手)
「道中、脚をためて、最後は切れました。距離は1400mの方がいいと思います」