【ステイヤーズS】(中山)~リッジマンが鮮やかに差し切り重賞初制覇 [News]
2018/12/01(土) 16:39
中山11Rのステイヤーズステークス(3歳以上GII・芝3600m)は1番人気リッジマン(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分45秒2(良)。2馬身半差の2着に2番人気アドマイヤエイカン、さらにクビ差の3着に4番人気モンドインテロが入った。

リッジマンは栗東・庄野靖志厩舎の5歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母アドマイヤモンロー(母の父Caerleon)。通算成績は25戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 リッジマン(蛯名正義騎手)
「馬が良くなって来ました。かなり力をつけて落ち着いてきました。厩舎の頑張りがこれにつながったかなと思います。逃げられそうなスタートを切ってくれましたが、逃げるタイプでもないので、他の速い馬について行ければと思っていました。(今日に関しては)好スタートを切って良い位置を取れたことが要因だと思います」

(庄野靖志調教師)
「若い頃と比べて芯が入って、口向きが良くなって来ました。頑張っていると思います。地方から移籍してきて、500万条件から始めて、GIIを勝てるくらいのところまで来ました。関係者のおかげと思っています。次走についてはまだ考えていません。馬を見てオーナーと相談して決めます」

2着 アドマイヤエイカン(田辺裕信騎手)
「距離と折り合いは平気でしたが、決め手の差で負けた感じです。ワンペースなので早めに動きましたが、今の上がりが速い馬場だとこの馬には厳しいです」

3着 モンドインテロ(W.ビュイック騎手)
「ゲートをうまく出て、道中はジッとしていました。しかしトップスピードになるまで時間が掛かりました。距離はギリギリですね」

4着 マサハヤダイヤ(大野拓弥騎手)
「格上挑戦でしたが、スタミナ十分でロスなく乗れました。最後までよく頑張ってくれました」

5着 アルター(石川裕紀人騎手)
「外から来られるとやる気をなくしてしまうので、外枠だったことがむしろプラスでした。よく頑張っています」

8着 メドウラーク(丸田恭介騎手)
「スタートが決まって、スムーズに立ち回れました。最後は苦しくなったので、さすがに3600mは長いですね」

11着 ヴォージュ(丸山元気騎手)
「リズム良く行けましたが、さすがに苦しくなりました。距離が長かったかもしれません」