【北総S】(中山)~ゴールデンブレイヴが好位から差し切り4勝目 [News]
2018/12/01(土) 15:43
中山10Rの北総ステークス(3歳以上1600万下・ダート1800m)は2番人気ゴールデンブレイヴ(W.ビュイック騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒4(良)。1馬身3/4差の2着に4番人気サクラエンパイア、さらに3/4馬身差の3着に5番人気ブライトンロックが入った。

ゴールデンブレイヴは美浦・木村哲也厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母マチカネハナサソウ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴールデンブレイヴ(W.ビュイック騎手)
「自分なりにVTRを見てチェックするのですが、木村調教師の『長く良い脚を使う馬で諦めないでほしい』という指示の通り乗って、その通りに伸びてくれました。ペースにかかわらず、こういうレースをすると良いのだと思います」

2着 サクラエンパイア(J.モレイラ騎手)
「この馬に乗るのは4回目で、性格はよく知っています。入れ込みやすいタイプなのですが、初めてメンコをつけてレースの前は落ち着いていました。良いスタートで良いポジションに付けられましたが、勝ち馬には負けてしまいました」

3着 ブライトンロック(田辺裕信騎手)
「良馬場にもかかわらずタイムが速いので、この馬には合わない馬場だと思っていました。ゆっくりした流れで早めに動いていきました。上がりが速くなると辛いです」