【チャンピオンズC】美浦レポート~センチュリオン [News]
2018/11/28(水) 14:50
 12月2日(日)に中京競馬場で行われる第19回チャンピオンズカップ(GI)に出走予定のセンチュリオン(牡6歳、美浦・田村厩舎)について、町田調教助手のコメントは以下の通り。

(前走のJBCクラシックを振り返ると)
「強いメンバーが揃っているなかで、元々速いペースが得意な馬ではないので、そのペースに戸惑ったという印象を受けました。ただ、一度そういったペースを経験できたことは良い収穫になったと思います」

(中3週の様子については?)
「いつもの通りに追い切りを行いながらゆっくり立ち上げてきて、順調にきました」

(1週前には今回コンビを組む吉田隼人騎手にも乗ってもらったそうですね)
「はい。いつも調教に乗ってもらっている大野騎手の時もそうなのですが、ズブいというか自ら進んでいくタイプではないので、そこだけ気を付けて、しまいをしっかりして欲しいと伝えて乗ってもらいました」

(今朝の追い切りのついて)
「今日はいつものように大野騎手に乗ってもらい、しまいだけしっかりして欲しいと伝えました。だいぶ追う動きも良くなってきましたし、しまいもしっかりしていたのではないかと思います。休み明け3走目ということもあり、状態も上がってきて前回より良いのではと感じます」

(6歳ですが、馬体面・精神面の変化はありますか?)
「以前に比べたら落ち着きが出てきた分、ズブくはなってきますが、競馬ではきっちり走っているので問題ないのではないでしょうか」

(今回の中京ダート1800メートルという条件についてはいかがでしょう?)
「本来は中山の方が向いているのかなという感じはしますが、ここまで来たらそういったことも言ってられませんし、頑張ってくれると信じています」

(相手はさらに強くなりますが、今回はどういったレースを期待しますか?)
「前走は、本当は前々で競馬をしたかったのですが、追走に手間取ってしまいました。今回はそのときの経験を活かして、もう少し前目につけられるのではと思いますし、それでどれだけ粘れるかというところですね」

(ファンへ向けて一言)
「今回もセンチュリオンが頑張ってくれると思いますので、応援お願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)