【チャンピオンズC】美浦レポート~ルヴァンスレーヴ [News]
2018/11/28(水) 14:30
 12月2日(日)に中京競馬場で行われる第19回チャンピオンズカップ(GI)に出走予定のルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原厩舎)について、萩原清調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りの狙いと手応えについて)
「直前ですので、しっかりつくっていきたいということで、先週の土曜日と今日、ウッドチップコースで追い切りを行いました。キリのため手応えをこちらで十分に確認できなかったのですが、乗り手の感触は良かったですし、前回の土曜日の追い切りと合わせて概ね良かったと思います。前走と同じくらいの状態まで仕上がったとみています」

(その前走の南部杯は、初めての3歳馬の勝利となりましたね)
「古馬を完封という形でしたので、非常に強い競馬でした。3コーナーの動きがとても良かったので、レース内容も評価できると思います」

(前走から2ヶ月で変化はありましたか?)
「大きい変化はありませんが、一戦ごとに成長している感じはします」

(初の中京コースについては?)
「今まで色々な競馬場で対応できていますので、コースが変わることはそれほど心配していません」

(ミルコ・デムーロ騎手になにか伝えることはありますか?)
「我々以上にこの馬の能力を知っている人間ですから、全幅の信頼をおいてお任せします」

(理想の展開や枠順などは?)
「まだ競馬の形がはっきり固まっていない馬なので、流れに応じて、この馬の新しい面が出てくれたらとも思っています。枠順に関しては与えられた枠で走るので、特に気にしていません」

(それではレースへ向けて意気込みをお願いします)
「多くのファンの方や関係者の努力によってここまで来られたので、我々も良い形でバトンタッチして、良いパフォーマンスを競馬でお見せできたらと思います」

(取材:小屋敷彰吾)