【渡月橋S】(京都)~中団からカイザーバルが抜け出す [News]
2018/11/25(日) 16:10
京都10Rの渡月橋ステークス(3歳以上1600万下・芝1400m)は2番人気カイザーバル(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒0(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気アマルフィコースト、さらにアタマ差の3着には4番人気ハナズレジェンドが入った。

カイザーバルは栗東・中竹和也厩舎の5歳牝馬で、父エンパイアメーカー、母ダンスインザムード(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 カイザーバル(四位洋文騎手)
「内枠で道中行きたがっていましたが、我慢して頑張ってくれました。久々のこのクラスでどうかと思いましたが、いつもよりテンションが高かったです」

2着 アマルフィコースト(秋山真一郎騎手)
「あともうひと押しです。スタートをポンと出るので何とでもできるのですが、器用な馬である分、爆発力がありません。イレ込んでいましたが、以前に比べれば落ち着いていました」

3着 ハナズレジェンド(吉原寛人騎手)
「もう少し位置を取りに行きたかったです。なかなか行き脚がつかず、促してあの位置になりました。放っておいたら後ろからになってしまいます。早めに動いてどれだけ動けるかという感じでした。最後は切れて良い感じでしたが、最後の50mで甘くなってしまいました。仕掛けのタイミングでしたね」

4着 フィアーノロマーノ(藤岡康太騎手)
「ゲート内での駐立が定まっていなかったので、立ち遅れてしまいました。終いは脚を伸ばしていただけにもったいなかったです」