【白菊賞】(京都)~人気のラヴズオンリーユーが快勝 [News]
2018/11/25(日) 15:39
京都9Rの白菊賞(2歳500万下・牝馬・芝1600m)は1番人気ラヴズオンリーユー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒6(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気ランブリングアレー、さらに1馬身1/4差の3着には2番人気メトロポールが入った。

ラヴズオンリーユーは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 ラヴズオンリーユー(岩田康誠騎手)
「道中の感じは良かったです。追い出してから良い反応でした。ここでは力が上でした」

1着 ラヴズオンリーユー(矢作芳人調教師)
「とにかくいつも大人しいのがこの馬の強みでしょう。牝馬としてはなかなかいないタイプです。今後は年内のGIは使わず、桜花賞、オークスを目指します」

2着 ランブリングアレー(浜中俊騎手)
「2戦目ですがテンションの上がることもなく、この馬なりに上手に走りました。まだ集中しきれず物見をするところがありますが、今日は相手が悪かったということ。これから良くなると思います」

3着 メトロポール(藤岡佑介騎手)
「まだ馬体に緩さがあって、前半は追走に苦労しました。それでも終いは脚を使って、馬群の中から伸びました。前回と違ったかたちのレースをしてくれました。距離は伸びても反応できそうです」