東京4Rの競走中止について [News]
2018/11/24(土) 17:31
東京4Rで、14番ショウナンダリア(平沢健治騎手)は、2周目8号障害飛越着地時に転倒したため競走を中止した。
13番アサクサゴールド(浜野谷憲尚騎手)は2周目8号障害飛越着地時に、転倒した14番ショウナンダリアに触れて転倒したため、競走を中止した。
また、11番ミツオサウスポー(大江原圭騎手)は、2周目8号障害飛越着地時につまずき騎手が落馬したため、競走を中止した。

14番馬:右第1趾骨粉砕骨折 ※予後不良
14番騎手:異状なし

13番馬:右後肢跛行
13番騎手:右肋骨および肩甲骨骨折の疑い、右肺損傷の疑い ※府中市内の病院に搬送


11番馬:心房細動
11番騎手:異状なし


(JRAの発表による)