【ジャパンカップ】美浦レポート~アーモンドアイ(国枝栄調教師) [News]
2018/11/21(水) 15:56
 25日(日)に東京競馬場で行われる第38回ジャパンカップ(GI)に出走するアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

「(今朝の追い切りは)先週も良い動きをしていましたし、先週と同じような感じでやれればいいかなと思っていました。動きも良かったですね。ルメール騎手も問題ないですよ、と言っていました。

 秋華賞は色々な要素がありましたが、自分の仕事をサッとやってくれた、凄い馬だなと感じました。レース後は多分熱中症かなという感じになって、ちょっと体が動かないような状態になりましたが一過性のものでした。治療して良くなってからは全く問題なかったです。ジャパンカップへ向かう事になって、ノーザンファーム天栄に放牧に出して順調でしたし、予定通り美浦に戻って来てからも追い切りができて順調ですね。

 (秋華賞がプラス体重での出走)あの時はだいぶ間が空いていて、数字的には増えていましたが、ちょっと余裕があった感じでした。今回は数字的には一緒ですが、やはり一回使われて体にシャープさが出たと思います。

 (東京芝2400mに関しては)競馬はしやすいですし、オークスで結果が出ていますから、あんなイメージで競馬が出来ればいいかなと思っています。(古馬相手のチャレンジは)やはりどうかなという不安もありますが、楽しみの方が大きいですね。

 (ジャパンカップへの思いは)創設された時から競馬の世界にいて、すごく憧れていたレースですから出られるだけでも嬉しいですね。凄い可能性を秘めている牝馬ですし、良いパフォーマンスを見せられるはずですから、期待して貰えればと思っています」

(取材:大関隼)