【ジャパンカップ】栗東レポート~スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) [News]
2018/11/21(水) 15:22
11月25日(日)に東京競馬場で行われる第38回ジャパンカップ(GI)に登録しているスワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野靖志厩舎)について、追い切り後のM・デムーロ騎手のコメントは以下の通り。

(前走の天皇賞・秋10着を振り返って)
「前走は全然ダメでしたね。全然良い結果ではありませんでした。スタートから少しぶつかりました。3、4コーナーでもずっと内にもたれていました。直線でも全然伸びなかったです。しかし、馬の状態はすごく良かったです。本当に何も変わらないです」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)1回競馬を使っていましたので、そんなに(強く)追い切りはしていませんでした。軽くやっていました。
 今日もそんなにやっていませんでした。(前走のダメージは)全然ないです」

(今回のレースに向けて)
「勝ったことのあるアルゼンチン共和国杯とは100m短いですが、あまり変わらないです。左回りは上手です。馬の状態は完璧です。
 ジャパンカップはいつも難しい展開になります。枠順も大事ですし、ゲートの中で少しイライラする馬です。タイミングは結構大事です。良いスタートを切ったら前めの一番良い所に行きたいです。
 (理想の枠は)真ん中ぐらいです。
 調教師はいつもお任せで、厩舎と調教師と私もこの馬のことは結構分かっています。
 いつも調教の時はすごく良い状態で、(前走は)競馬に行ってあのような結果になるのはすごくビックリしました。安田記念の後はすごく疲れていましたので、状態は悪くなって、前走は全然競馬をしていませんでした。それが問題だったのかもしれません。
 アーモンドアイはすごいバケモノですね。(他にも)GI馬が結構いますし、サトノダイヤモンドとシュヴァルグランなどライバルは一杯います。
 大阪杯の時はすごく強かったので、その時のようならチャンスはあります。
 今年は(GIで)結構2着が多いです。そろそろ勝ちたいです。今週も頑張ります」

(取材:米田元気)