【アンドロメダS】(京都)~ドレッドノータスが内から突き抜け連勝 [News]
2018/11/17(土) 17:34
京都11Rのアンドロメダステークス(3歳以上オープン・芝2000m)は2番人気ドレッドノータス(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒4(良)。2馬身差の2着に1番人気サーブルオール、さらに3/4馬身差の3着に11番人気アメリカズカップが入った。

ドレッドノータスは栗東・矢作芳人厩舎の5歳セン馬で、父ハービンジャー、母ディアデラノビア(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ドレッドノータス(岩田康誠騎手)
「馬の後ろで我慢できました。追い出してからスパッと伸びてくれました。力をつけていますし、また重賞レベルでもやれるのではないでしょうか」

2着 サーブルオール(池添謙一騎手)
「競馬を上手にしています。ポジションを取りに行って出していきましたが、馬の後ろで我慢してくれました。4コーナーではしっかり回っていますが、上手く内をすくわれました。それでも脚を使っていました」

3着 アメリカズカップ(松山弘平騎手)
「少し力む所がありました。しかし、2000mでも対応できましたし、脚を使ってくれました。そのあたりは良かったです」

4着 ケントオー(松若風馬騎手)
「いい位置につけられましたが、4コーナーで上手く捌けたら、もう少し上の着順もあったかもしれません」