【東スポ杯2歳S】(東京)~ニシノデイジーが4頭での大接戦を制し重賞連勝 [News]
2018/11/17(土) 17:24
東京11Rの東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は8番人気ニシノデイジー(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒6(良)。ハナ差の2着に7番人気アガラス、さらにアタマ差の3着に4番人気ヴァンドギャルドが入った。

ニシノデイジーは美浦・高木登厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母ニシノヒナギク(母の父アグネスタキオン)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ニシノデイジー(勝浦正樹騎手)
「スタートを普通に出て、道中もいい感じで運べました。これまで追って甘い所がありましたが、よく頑張って勝ってくれました。距離が延びても大丈夫です」

2着 アガラス(W.ビュイック騎手)
「今日は2回塞がれたことが敗因でした。1度目はスタートしてから内に他の馬が集まってきて壁になってしまい、直線でも伸びかけてきたところで塞がれました。能力はあるのですが、残念でした」

3着 ヴァンドギャルド(C.デムーロ騎手)
「まだ若さがありますが、道中リラックスして折り合って走っていました。この先良くなってくる馬なので楽しみです」

4着 ヴェロックス(C.ルメール騎手)
「よく頑張っていましたが、テンションが高くて、まだ子供っぽいですね。直線でぶつかってしまいバランスを崩しましたが、残り150mからはいい脚を使ってくれました。2000m以上でも大丈夫そうです」

5着 ダノンラスター(J.モレイラ騎手)
「まだ競馬が2回目ということで、これからもっと成長していくでしょう。距離は伸びても問題なさそうです」

6着 ホウオウサーベル(M.デムーロ騎手)
「ペースが速くて進んで行かないし、直線もゴチャゴチャしました。その後、加速して伸びました。よく頑張ったと思います」

9着 ルヴォルグ(R.ムーア騎手)
「スタートで出遅れて、前へ進んで行きませんでした。道中ハミを取らないので、ふかしていく形になって、最後はジワジワと来ていました」

11着 カテドラル(福永祐一騎手)
「いい形でレースを進められて、直線もスペースが開いたのですが、伸びませんでした。経験が浅く、敗因は断定できませんが、いつものこの馬らしくなかったです」

13着 ナイママ(柴田大知騎手)
「テンションが今日は高すぎました。輸送に加えて、初めての場所で舞い上がっていました」

15着 ゴータイミング(武豊騎手)
「返し馬までは良かったのですが、競馬に行くと引っ掛かってしまいました。能力はあるのですが、もったいなかったです」