【ジャパンC】(東京)~外国馬2頭が競馬学校でキャンター調整 [News]
2018/11/16(金) 13:31
25日(日)東京競馬場で行われるジャパンカップに出走予定のカプリ(愛)とサンダリングブルー(英)について、16日(金)の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

(競馬学校 晴・良)

・カプリ(牡4、アイルランド)
調教状況
 ケビン・トービン厩務員が騎乗し、追馬場にて左回りでダク(速歩)800m、ダートコース左回りでダク600m、キャンター(1ハロン28秒~30秒程度)1400m、右回りで常歩600m

パトリック・キーティング調教助手のコメント
「馬の体調は大変良好です。長旅の疲れもなく、食欲も体温も普段どおりです。今日は軽めに調教しました。本国と同様の調教を行っていきます」
※16日測定の馬体重は475キロ

・サンダリングブルー(せん5、イギリス)
調教状況
 キム・ジョンストン調教助手が騎乗し、追馬場にて左回りでダク(速歩)1000m、ダートコース左回りでダク600m、キャンター(1ハロン23秒~30秒程度)1400m、右回りで常歩600m

キム・ジョンストン調教助手のコメント
「馬は非常に元気も良く、飼い葉も良く食べています。調教初日でしたが、とてもフレッシュな状態で動きも良かったです。基本的には本国と同様の調教を行っていく予定です」
※16日測定の馬体重は475キロ

(現地情報)