秋山真一郎騎手、騎乗停止へ [News]
2018/11/11(日) 18:09
京都6Rで、13番メイショウワザシ(秋山真一郎騎手)は、4コーナーで内側に斜行したため、8番エトワールドパリ(和田竜二騎手)が同馬に触れ転倒し、また5番ロッタラブ(川又賢治騎手)は先に転倒した8番エトワールドパリに触れ転倒し、4番アサケハーツ(幸英明騎手)は5番ロッタラブに触れ転倒したため競走を中止した。(その他3番ペプチドシャプネス及び2番ヤンベの進路に影響あり)

これにより、秋山真一郎騎手は、2018年11月17日(土)から11月18日(日)まで2日間の騎乗停止となった。
また、13番メイショウワザシの内側への逃避癖もこの事象の一因と認め、平地調教注意とした。

(JRAの発表による)