【黄菊賞】(京都9R)~コスモカレンドゥラが早め先頭から後続を突き放す [News]
2018/11/11(日) 15:25
京都9Rの黄菊賞(2歳500万下・芝2000m)は3番人気コスモカレンドゥラ(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒6(良)。2馬身半差の2着に6番人気オールイズウェル、さらに3/4馬身差の3着に1番人気リオンリオンが入った。

コスモカレンドゥラは美浦・田中博康厩舎の2歳牡馬で、父ノヴェリスト、母ミルルーテウス(母の父アグネスタキオン)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 コスモカレンドゥラ(J.モレイラ騎手)
「今日は良いスタートを切れて良いポジションを取ることができたので、自信を持って直線を迎えることができました。最後の脚も反応よく伸びてくれました。もちろん馬の状態も良く、関係者の皆様に感謝しています」

2着 オールイズウェル(藤岡佑介騎手)
「スタートを上手に出て、楽に先手を奪うことができました。それで押し切りたかったのですが、勝ち馬に早めにこられてしまって、あそこで付いていければ良かったんですが......。コーナリングは上手くなっていると思います」

3着 リオンリオン(福永祐一騎手)
「体調はアップしていました。ただ、今日は掛かってしまいました。気が入っていたのか、末脚のたまる走りになりませんでした」