【メイクデビュー】(京都4R、5R)~フィブロライト、ペルクナスが勝利 [News]
2018/11/11(日) 14:08
京都4Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1400m)は3番人気フィブロライト(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気ベルヴォワ、さらにクビ差の3着に8番人気ウォーターブレイクが入った。

フィブロライトは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牝馬で、父エイシンフラッシュ、母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 フィブロライト(C.ルメール騎手)
「最初ペースが速くて忙しかったですが、段々と加速していきました。直線では良い脚でしたし、切れ味があります」

2着 ベルヴォワ(M.デムーロ騎手)
「直線で良い脚を使ってくれました。能力があります。距離はもう少しあったほうがいいと思います」

3着 ウォーターブレイク(和田竜二騎手)
「コーナリングで外へ逃げる所はありましたが、乗り味がよく、しぶとく伸びました」

4着 キクノルッカ(C.デムーロ騎手)
「先頭に立つと他馬を探したりとまだ若さがあります。これから期待できそうな馬です」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は2番人気ペルクナス(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒8(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気レティキュール、さらに1馬身半差の3着に4番人気ガラチコが入った。

ペルクナスは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父Majesticperfection、母サンダーカップ(母の父Thunder Gulch)。

~レース後のコメント~
1着 ペルクナス(J.モレイラ騎手)
「調教にも2回乗っていたので、能力があるのはわかっていました。自信を持って乗りました。ポテンシャルが高いので今後も期待できそうです。少しずつレベルアップできるタイプです」

2着 レティキュール(C.ルメール騎手)
「レースはいい感じで距離も1800mから2000mぐらいが合っています。ラストもよく伸びてくれました。すぐにチャンスがありそうです」

3着 ガラチコ(C.デムーロ騎手)
「まだ若いですね。それにズブいところがあります。ただ、トモがしっかりしているので今後が期待できそうです」

5着 エスキシータ(福永祐一騎手)
「他馬を気にするところがあるようです。ラストの雰囲気からもう少し長い距離が良さそうです。ダートを使うことも選択肢の一つです」