【デイリー杯2歳S】(京都)~アドマイヤマーズが逃げて無傷の3連勝 [News]
2018/11/10(土) 17:23
京都11Rのデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・芝1600m)は1番人気アドマイヤマーズ(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。3/4馬身差の2着に6番人気メイショウショウブ、さらに2馬身半差の3着に5番人気ハッピーアワーが入った。

アドマイヤマーズは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ヴィアメディチ(母の父Medicean)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤマーズ(M・デムーロ騎手)
「いい馬です。スタートも上手です。いつももう少し後ろからですが、ペースも遅かったので逃げました。新馬の時から思っていましたが、もう一つ上のギアがあるので距離はもう少し延びてもと思います。能力も高く頭のいい馬。体もプラス12キロと成長していました。性格もよく、他の馬が並んできても負けません。楽しみです」

2着 メイショウショウブ(池添謙一騎手)
「レースでは馬が落ち着いて、このペースでも折り合って脚を使いました。直線でアタマくらい前に出たのですが、最後は勝ち馬の地力で差をつけられました。でも、このメンバーでやれるところを見せられました」

3着 ハッピーアワー(秋山真一郎騎手)
「道中の折り合い次第で距離はもつように思います。もともと良い馬ですし、良い方向へ行っているので楽しみです」

4着 ダノンジャスティス(川田将雅騎手)
「まだ下りを上手に走れるバランスが足りないので、そこで離されてしまったので、徐々に成長してくれたらと思います」

5着 ドナウデルタ(J・モレイラ騎手)
「直線でつまるところもありましたが、最後まで一所懸命走っています。まだ今日で3戦目。この馬には経験が必要で、今日の経験は先につながると思います」

6着 ヤマニンマヒア(武豊騎手)
「折り合い重視で運びましたが、上がりの競馬になって展開的にも厳しくなりました。でも収穫のあるレースでした」

7着 スズカカナロア(岩田康誠騎手)
「以前より馬は上手に走っていました。直線に向いた時に離されたのがひびきましたが、距離は全く問題ありません」

8着 マイネルフラップ(和田竜二騎手)
「少し怖がりな面がありますが、能力の高い馬です。もっとレース慣れしてくればと思います」