【エリザベス女王杯】栗東レポート~リスグラシュー(宮内調教助手) [News]
2018/11/07(水) 14:52
11月11日(日)に京都競馬場で行われる第43回エリザベス女王杯(GI)に登録しているリスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の宮内茂貴調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の府中牝馬S2着を振り返って)
「休み明けにしては状態が良かったですし、体重が示す通り夏に成長がありました。内容としては、あの馬自身はほぼ完璧なレースをしていると思いますが、やはり勝ち馬が強かったと思います」

(前走後の調整について)
「前走後は短期放牧に出して、いつも通りのパターンでした。帰厩してからも具合は良いです。飼い葉食いがすごく安定しています。先週、結構時計は出しましたが、その後も飼い葉食いが落ちないので、体調面に関してはすごく良いかなと思います」

(調教過程を振り返って)
「先週である程度負荷をかけているので、今日はサッとやるつもりでした。ジョッキーも馬なりで時計が出ているので、それだけ具合が良いのかなと思います」

(去年のエリザベス女王杯は8着)
「結果としてスローペースが痛かったと思います。内の先行馬が残るような馬場状態だったと思うので、あの馬にはかわいそうな競馬だったかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「折り合いに関しては、レースに行けばそこまで心配していません。あの馬は器用な脚を使えないので、外回りの方が競馬はしやすいのかと思います。
 乗った感じから明らかに幅が出ました。前走もプラスではあったのですが、あれでも輸送で結構減ってしまっているので、それを考えたら京都での競馬はもう少しプラスで行けるかと思います。パワーアップしている姿をお見せできると思います。
 馬自身が成長していますし、今の京都の馬場はあの馬に合いそうなので期待しています。
 今までも素晴らしいジョッキーが乗って下さっていますが、モレイラジョッキーは馬をすごく動かしてくれるようなイメージが個人的にはあります。あの馬の新しい味を出してくれるかなと期待しています。
 GIで2着4回ですが、タイトルを獲らなければならない馬だと思うので、ここがチャンスだと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)