【エリザベス女王杯】栗東レポート~モズカッチャン(鮫島調教師) [News]
2018/11/07(水) 14:46
11月11日(日)に京都競馬場で行われる第43回エリザベス女王杯(GI)に登録しているモズカッチャン(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)について、追い切り後の鮫島一歩調教師のコメントは以下の通り。

(前走の札幌記念3着を振り返って)
「スタートは普通には出ているのですが、結局最後方からの競馬になりました。4コーナーまでほぼ最後方からの競馬だったので、駄目かなという感じは持ちました。ハイペースだったので、最終的にあそこから伸びてきたというのはあります。馬群を割ってすごい脚で来たので、力を付けているというイメージは持ちました」

(前走後の調整について)
「府中牝馬ステークスを使えなかったというか、軽い熱発を起こして回避しました。しかし、その影響も今は全然なくて、その後も順調に追い切りの本数をこなしました。問題ないと思います」

(最終追い切りを振り返って)
「今日は、1回目のハローがけの後で馬場のなるべく良い時間帯で、ということでやりました。相手は2歳でしたので追走して、2ハロンで併せて、最後の1ハロンは12秒半で伸びてきたので、動きも文句なしでした」

(今回のレースに向けて)
「こればかりはスタートしてみないと分かりませんが、ミルコ(デムーロ騎手)にお任せという感じです。今まで好位から上手いレースをして勝ってきましたが、この前みたいな競馬もできるのかと思いました。どんな競馬でもできるのかなと思って、安心して任せて乗ってもらいます。
 重は全然気にしないので、問題ないと思います。馬場は気にしないですね。
 (京都芝2200mは)昨年勝たせてもらっているので、一番良いコースだと思っています。
 (4歳になって)本当のアスリートになったのだなと思います。最初は幼くて能力だけで勝っている感じでしたが、最近は戦士というか、アスリートになってきたなと思います。
 体重的にはほとんど変化はありませんが、付くべき所に筋肉が付いて、本当にパワフルな馬体になりました。
 昨年勝たせてもらって、今年は連覇できる唯一の馬ということで、本当に頑張って欲しいです。皆さん、そういう気持ちで応援して下さい。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)