【JBCクラシック】(京都)~ケイティブレイブが好位から抜け出し快勝 [News]
2018/11/04(日) 17:50
京都11Rの第18回JBCクラシック(3歳以上JpnI・ダート1900m)は3番人気ケイティブレイブ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒7(良)。3/4馬身差の2着に2番人気オメガパフューム、さらに1馬身差の3着に1番人気サンライズソアが入った。

ケイティブレイブは栗東・杉山晴紀厩舎の5歳牡馬で、父アドマイヤマックス、母ケイティローレル(母の父サクラローレル)。通算成績は31戦11勝。

~レース後のコメント~
1着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)
「久しぶりの京都ダートでしたが、トップコンディションでしたし、自信を持って騎乗しました。あまり考えすぎず、リズムを守ることを考えていました。思ったより前が速くて置かれる形でしたが、あのような形でもGIを勝っていたので心配していませんでした。ルメール騎手が前にいたので、早めにつかまえにいったので、最後は際どくなりました。これまでコンビを組んできましたが、馬が完成してきて、充実しています。まだまだこれからだと思いますし、大きな舞台で活躍してくれるでしょう。ルヴァンスレーヴやゴールドドリームなどチャンピオンホースがいますが、それらに立ち向かうためにも今日は頑張りたいと思っていました」

2着 オメガパフューム(和田竜二騎手)
「馬の状態は良かったです。スタートも良く理想的なレースができました。レースも澱みなく流れましたし、勝ち馬との勝負と思っていました。ただ、外に馬がいなければ、少し外に逃げるような面を出して、それで勝負どころで置かれるような形になりました。直線エンジンがかかったらしっかり差を詰めています。こういったレースも経験です。力のあることを再認識しました」

3着 サンライズソア(C.ルメール騎手)
「最初マイペースで運べましたが、向正面で外からこられて、ペースが上がりました。ずっとマイペースで行ければ良かったのですが...。でも今日は勝ち馬が強かったです」

4着 ノンコノユメ(内田博幸騎手)
「4つのコーナーで右回りは久々でした。ゲートは行儀が悪いのですが、この前よりは良かったです。遅れましたが、距離もあるので慌てずに行きました。4コーナーは外を回らなければいけないだろうと思ったので、コースロスがないように乗って、あいている所を狙っていきました。良い感じで伸びまして、強いレースをしてくれました。休み明け2回目ですから、差が差なので、今後も楽しみがあると思います」

5着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「終始、インコースから、辛抱強くレースをしてくれました。この馬にとっては収穫の多いレースでした」

6着 アスカノロマン(太宰啓介騎手)
「勝ち馬と同じ位置にいましたし、4コーナーもスムーズに捌けました。脚を使えていましたし、安定して走れるようになったと思います」

8着 マイネルバサラ(戸崎圭太騎手)
「勝負どころでもたつく課題はあるものの、今日は外から、交わされながらもよく頑張ってくれました」

9着 タガノゴールド(下原理騎手)
「よく頑張ってくれました。3~4コーナーの勝負どころでは抜群の手応えがあったのですが、直線止まってしまいしました。掲示板はあるかと思っていたのですが.....」