【アルゼンチン共和国杯】(東京)~パフォーマプロミスが重賞2勝目を飾る [News]
2018/11/04(日) 17:30
東京11Rのアルゼンチン共和国杯(3歳以上GII・芝2500m)は3番人気パフォーマプロミス(C.オドノヒュー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分33秒7(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ムイトオブリガード、さらに半馬身差の3着に11番人気マコトガラハッドが入った。

パフォーマプロミスは栗東・藤原英昭厩舎の6歳牡馬で、父ステイゴールド、母アイルビーバウンド(母の父タニノギムレット)。通算成績は15戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 パフォーマプロミス(C.オドノヒュー騎手)
「藤原英昭調教師は自信を持っていましたし、こちらも自信を持って乗れました。まだ余力がありそうです。先頭に立つとブレーキをかける所があるので、差をつけて勝つタイプではないと思います。いつも乗りたいと思っていた日本で、初めて重賞を勝てて嬉しいです。M.デムーロ騎手やC.デムーロ騎手、C.ルメール騎手、武豊騎手とは仲が良く、重賞ウィナーの仲間に入れて嬉しいです。日本で最も勝ちたいのはジャパンカップです。今月12日まで短期免許の期間を延長しましたし、皆さんのためにも頑張りたいです。」

(藤原英昭調教師)
「京都大賞典は熱発で回避しましたが、2~3日間で回復しました。今日は騎手が100%上手く乗ってくれました。宝塚記念では58kgの斤量に泣き、目黒記念では馬場を気にしていました。条件を選ぶタイプですが、今後は様子を見て、オーナーと相談して決めます」

2着 ムイトオブリガード(四位洋文騎手)
「ゲートをスッと出てくれれば、もう少し前のポジションにつけられたと思います。ペースに関してはもう少し流れて欲しかったのですが仕方ありません。初めての重賞で頑張っていますし、力もつけています」

3着 マコトガラハッド(石川裕紀人騎手)
「軽ハンデを生かして、よく頑張ってくれました。初めて乗りましたが、癖がなく乗りやすい馬でした。具合が良いと聞いていましたし、しっかりとした形の競馬をしてくれました。一瞬オッと思わせるほどの脚でしたね」

4着 ウインテンダネス(松岡正海騎手)
「ハナに行きたいとは思っていませんでしたが、馬が行く気をみせたので逃げる形になりました。使って更に良くなるでしょう」

5着 エンジニア(北村宏司騎手)
「出来は良かったのですが、その分この遅いペースでは力んで走っていました。力んだこともあって、追い出した時に瞬時に反応できませんでした」

6着 ガンコ(三浦皇成騎手)
「隣の馬につられてしまい、ゲートがあまり良くありませんでした。今日はこの馬の競馬ができませんでした」

8着 ルックトゥワイス(北村友一騎手)
「スローペースのヨーイドンになり、位置取りの差が出ました。申し訳ないです」