【晩秋S】(東京)~伏兵ホーリーブレイズが差し切り勝ち [News]
2018/11/04(日) 15:58
東京10Rの晩秋ステークス(3歳以上1600万下・ダート2100m)は7番人気ホーリーブレイズ(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒7(良)。半馬身差の2着に1番人気サトノティターン、さらに1馬身半差の3着に5番人気デザートスネークが入った。

ホーリーブレイズは栗東・高柳大輔厩舎の4歳牡馬で、父フリオーソ、母スキャニングジョイ(母の父スキャン)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ホーリーブレイズ(高倉稜騎手)
「少頭数ということでのびのびと走れました。追い切りの時から具合の良さを感じていて、今日は能力通りの走りをしてくれました」

2着 サトノティターン(田辺裕信騎手)
「最後ずっと外に張っていて追いづらかったです。力はある馬なのですが、そこが残念でした」

3着 デザートスネーク(黛弘人騎手)
「折り合いはついてスムーズでした。昇級初戦に加えて、ダート2100mという距離でもよく頑張っています」

4着 ニーマルサンデー(三浦皇成騎手)
「リズム良く行けましたが、3コーナーで早めに動かなくてはいけなかったことが残念でした。それがなければもっと良いレースができたと思います」