【京王杯2歳S】(東京)~ファンタジストが瞬発力勝負を制しデビュー3連勝 [News]
2018/11/03(土) 16:34
東京11Rの京王杯2歳ステークス(2歳GII・芝1400m)は2番人気ファンタジスト(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7(良)。ハナ差の2着に1番人気アウィルアウェイ、さらに2馬身差の3着に6番人気カルリーノが入った。

ファンタジストは栗東・梅田智之厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母ディープインアスク(母の父ディープインパクト)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ファンタジスト(武豊騎手)
「ペースは遅くなりましたが、その中でうまく折り合いがつき、上手に走ってくれました。馬は1戦ずつ良くなっています。今日のようなレースができれば距離延長も問題ないでしょうし、今後が楽しみな1頭です」

(梅田智之調教師)
「よく頑張ってくれました。この2ヶ月間は厩舎にいて調整し、体は増えていましたが成長分だと思います。ここが最終目標ではないので、余裕のある仕上げでした。ハナ差でも大きな勝利です。距離が延びても大丈夫だと思いますし、まだまだ上を目指せる馬です」

2着 アウィルアウェイ(M.デムーロ騎手)
「とにかくペースが遅かったですが、よく頑張ってくれました。この馬の能力も高いのですが、勝った馬が強かったですね」

3着 カルリーノ(三浦皇成騎手)
「ゲートが上手で折り合いもつきました。上がり勝負は厳しかったですが、3着争いを制してくれたので、よく頑張っています」

5着 アスターペガサス(福永祐一騎手)
「スタートは思いの外うまく出てくれましたが、スローで少し気負っている感じもしました。使ったことで変わってきそうです」

6着 メイショウオニテ(秋山真一郎騎手)
「ゲートが速く、自然とハナへ行きました。ただヨーイドンの形になってしまったことは、この馬にとって厳しかったです。とてもいい馬なので先が楽しみです。距離はこれぐらい短い方が良さそうです」

7着 シングルアップ(松山弘平騎手)
「ゲートがあまり速くない馬なので、今日のようなスローペースでは厳しいです。もう少し外枠だと良かったのですが......」