【河北新報杯】(福島)~メイショウカリンが競り合いを制す [News]
2018/11/03(土) 16:17
福島11Rの河北新報杯(3歳以上1000万下・芝1200m)は2番人気メイショウカリン(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。クビ差の2着に1番人気トロワゼトワル、さらにクビ差の3着に5番人気エンゲージリングが入った。

メイショウカリンは栗東・笹田和秀厩舎の4歳牝馬で、父ケイムホーム、母ショコット(母の父デインヒル)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウカリン(津村明秀騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬での雰囲気も良く、いい馬だと思いました。ゲートを出ていいポジションでレースをして、いい感じで抜けられました。外から2着の馬が来ましたが、かわされないと思いました。良かったです」

3着 エンゲージリング(杉原誠人騎手)
「スムーズに行けて2番手で折り合いがつきました。最後までよく頑張ってくれました。今後チャンスはあると思います」

4着 ムスコローソ(吉田隼人騎手)
「やはりゲートを出ませんでした。開幕週なのでもう少し前でレースができれば良かったのですが......。頑張っていますが、今日はゲートが全てです」