【ノベンバーS】(東京)~ランガディアが追い比べを制し連勝 [News]
2018/11/03(土) 15:59
東京10Rのノベンバーステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は2番人気ランガディア(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒8(良)。半馬身差の2着に3番人気パイオニアバイオ、さらに半馬身差の3着に4番人気マイネルファンロンが入った。

ランガディアは美浦・木村哲也厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母マリーシャンタル(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は8戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ランガディア(北村宏司騎手)
「いい走りでした。坂下までリズム良く行けて、楽に抜けました。相手に合わせるタイプですから、上のクラスでも楽しみです。能力を感じる馬です」

2着 パイオニアバイオ(柴田善臣騎手)
「気持ちが乗っていたし、前回とは全然違ってしっかり動けました。メンコを外したのが大きかったようです」

3着 マイネルファンロン(柴田大知騎手)
「いい位置で流れに乗り、道中力むことなく、いい内容の競馬ができたと思います」

5着 ケンホファヴァルト(武豊騎手)
「いいペースで行けました。折り合いもついていい感じだったのですが、時計が速かったです」