【JBCクラシック】栗東レポート~ケイティブレイブ(福永騎手) [News]
2018/10/31(水) 16:17
☆11月4日(日)京都競馬場で行われる第18回JBCクラシックに出走するケイティブレイブ(牡5、杉山)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ケイティブレイブについて、福永祐一騎手

・(前走の日本テレビ盃は)休み明けでトップコンディションでは無いという印象を受けていましたが競馬は上手に走ってくれました。昨年の同じレースは伸びきれず敗れてしまいましたが今年はきっちりと最後も脚を使ってくれて非常にいい形で勝ってくれたと思います。昨年敗れた時に王道の競馬で勝って欲しいというコメントを残しましたが1年経っていろいろな経験を経て馬自身も成長した証をレースで見せることが出来ました。使われてコンディション的にもアップしていますし競走馬として完成されてきた印象は受けています。

・(先週のCウッドチップコース追い切りは)時計自体は速くはなかったのですが動きのクオリティは非常に高かったですね。躍動感のある動きでよかったと思います。

・(最終追い切りは坂路でしたが)この馬は坂路とウッドチップコースの走りが少し違います。坂路ではある程度時計が出ますが、乗っていていい動きをする馬という感じではなく、今日は馬場が重く少し脚を取られながら走りにくそうにしていましたが及第点のタイムが出ていたと思いますし、いつも通りという印象です。

・(昨年2着の雪辱戦とも言われますが)昨年のJBCとはコース設定も違います。けれどその後のGIチャンピオンズCでも負けてはしまいましたが内枠からタフな競馬で頑張っていましたし(今回は)そんなに心配はしていません。勝つためにはこの馬の力を発揮する型があります。もともと個性の強い馬なのでかつては逃げなければいけない馬でした。それが帝王賞で躓いて差す形のレースをしたことで可能性が広がったと思います。また差す競馬でも2番手3番手では脚が溜まらなかったのですがそこがうまく出来るようになりましたので、どういった流れになっても対応できるようになっています。

・(JRAの競馬場でのJBCは)初めての試みです。こういった特別なレースを勝ちたいという思いは強いです。簡単では無いと思いますが、勝って暮れのチャンピオンズカップに駒を進めたいですね。

〔取材:檜川彰人〕