【JBCクラシック】栗東レポート~ケイティブレイブ(杉山師) [News]
2018/10/31(水) 16:15
☆11月4日(日)京都競馬場で行われる第18回JBCクラシックに出走するケイティブレイブ(牡5、杉山)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ケイティブレイブについて、杉山晴紀調教師

・(日本テレビ盃は)帝王賞から3カ月以上開いていたので仕上がりがどうかと思っていたのですが思った以上にしっかり勝ち切ってくれたので内容的には良かったと思っています。
一度使われた上積みは大きく感じでいますので(今回は)叩き二走目ということで前走から更に動ける状態にあると感じています。

・(追い切りに関しては)2週前に坂路で調教助手が騎乗して結構動いて、使われた上積みが出ていたので1週前はあまりやりすぎないようにCウッドチップコースでは速い時計は出さずに騎手に手応えを感じてもらいました。今週は坂路でサッと終いだけ伸ばす感じで乗ってもらえるよう指示をしました。仕上がりはかなりいいと思います。

・この馬は地方のダートコースへの適性が高く、昨年のJBCクラシックはそれを示すような内容だったと思います。この馬は非常に心肺機能が高いスタミナのある馬だと感じています。さらにそこにスピードが加わるような調教を心がけてやってきました。

・(今回の舞台、京都ダート1900mという舞台は)地方競馬のパワータイプの馬場とまた違いますので、スピード競馬に対応できるようにやってきましたのでそれが結果として出てきたらいいなと思っています。とにかく京都の馬場が一番大きなポイントになりそうなのでスムーズに流れに乗って自分の持ち味がしっかり生きるような競馬をして欲しいと思っています。

・これまで地方競馬のレースで強いところを見せてくれていますが今回は中央場所でのビッグレースということで、中央でも勝てるところをお見せしたいと思っています。どうか応援して下さい。

〔取材:檜川彰人〕