【JBCクラシック】栗東レポート~オメガパフューム(和田騎手) [News]
2018/10/31(水) 16:14
☆11月4日(日)京都競馬場で行われる第18回JBCクラシックに出走するオメガパフューム(牡3、安田翔)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎オメガパフュームについて、和田竜二騎手

・(初騎乗のシリウスステークスは)乗りやすい馬で、それまでの競馬を見ていてイメージ通りの競馬ができました。ハンデ差もありましたがいい競馬をしてくれました。最後は詰め寄られましたが余裕のある勝ち方だったので将来的にも楽しみな馬だと思います。

・調教に関しては厩舎に任せています。扱いやすい馬ですし、難しい癖もありません。レースに合わせて乗れると思います。テンはそんなに行く感じでは無かったのですが、展開に合わせて仕掛けるタイミングだけだと思います。

・(京都ダート1900mについては)飛びの大きい馬なのであまりごちゃつく所にはいたくないので、いいイメージを持って力を信じていきたいと思います。キャリアもあるので馬場状態はあまり気にしていません。

・長く良い脚を使ってくれますし瞬発力というより最後まで止まらず動いてくれる馬なので、その辺りの特徴を生かして競馬をしたいと思います。まだ3歳なので新しい面が出てくるかもしれませんが、その点は競馬の流れを見ながらこなしてくれたらいいかなと思います。

・(JBCが)今回京都競馬場で行われますが、地方との垣根を越えて盛り上がればいいと思います。JRAでもこれだけのビッグレースが揃うのもなかなか無いので楽しみにしています。

〔取材:檜川彰人〕